ABOUT US

医学・生物学など多彩な人材が結集して研究に取り組んでいます

田中 伸幸 Nobuyuki TANAKA

教授・部長

がん免疫制御分子のデザイン

2. 読書 マインドフルネス 3. 一所懸命

tanaka * med.tohoku.ac.jp

小鎌 直子 Naoko OGAMA

上席主任研究員

Elucidation of Cancer Mechanism

長島 隆一 Ryuichi NAGASHIMA

研究員

自然リンパ球によるアレルギー炎症応答の病態解明と治療法開発

2. ゴルフ 読書 サッカー 3. ダラダラ仕事しない!

4. 何でもできる研究室です!

小林 真紀 Maki KOBAYASHI

大学院博士課程 D2

新たながん免疫治療の開発

小竹 夏未 Natsumi KODAKE

大学院修士課程 M2

Alarminによる腫瘍微小環境制御機構の解明

橘 周作 Shusaku TACHIBANA

共同研究員

新たな癌免疫制御分子のデザイン

小斎 仁美 Hitomi KOSAI

リサーチ・アシスタント

​酸化ストレスによるインラマソーム制御・in vivoの解析

2. 映画鑑賞  3. 日々ゆるり

4. やる気のある方、研究室でお待ちしています

泉山 慶子 Keiko IZUMIYAMA

リサーチ・アシスタント

肺癌の病態解析による新しい治療法の開発

​2. ネイルアート 3. やればできる! 

4. 優秀な研究者をお待ちしています

タレグ オマル モハンメド Tareg Omer Mohammed

Former PhD student

Role of Alarmins in Tumorigenesis

2. Reading, Walking 3.With patience you reach where you wish

Please reload

東北大学 医学系研究科 がん病態学分野

© 2017 Tumor Immunobiology

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey