Research Blog

April 12, 2019

 アトランタで開催された、AACR Annual Meeting(米国癌学会)において研究発表を行いました。巨大規模の学会で、世界中の癌研究者が一同にあつまる学会です。癌の研究の熱気が伝わってきます。がんの克服を目指して、わたしたちもがんばりましょう!

January 21, 2019

長島研究員の論文アクセプトおめでとうございます!!   サポートしてくれた皆さんもおつかれさまです!

宮城大学食産業学部の森本先生もお祝いに駆けつけてくれました。場所は宮城大卒研生の柴田くんがバイトしているアンプルです。美味しいお料理とワインを心行くまで味わいました!とても楽しい会になりました。

December 13, 2018

12月12日-14日にかけて福岡国際会議場にて開催された第47回日本免疫学会学術総会に参加してきました。長島研究員がポスター発表を行いました!多くの方に興味を持っていただき、反響も大きさに驚きました。この調子で頑張りましょう!

Nagashima et al.(ポスター発表)Oxidative Stress responder NRF2 regulates intestinal inflammation by attenuating the Il-22 producing NKp46+ ILC3 cells

November 29, 2018

パシフィコ横浜で開催された、日本分子生物学会年会に修士課程学生の小竹さんと参加しました。研究成果をポスター発表しました。多くの若い研究者が集まり、たくさんのエネルギーを感じました。研究成果の機会はとても良い経験になったと思います。実験手技などに関する情報もたくさんいただくことができ、これからの研究活動に弾みがつきそうです。がんばっていきましょう!

October 1, 2018

大阪国際会議場で開催された、日本癌学会に博士課程学生のTaregくんたちと参加しました。Taregくんが研究成果をポスター発表しました。たくさんの方と熱心な議論がありました。とても良い経験になったと思います。Alarminに関する情報もたくさんいただくことができ、これからの研究活動に弾みがつきそうです。論文作成に向けて、もう少しです。がんばっていきましょう!

September 23, 2018

 東北大学片平キャンパス開催された、Falling Walls Labにおいて当研究室のZobidahさんがプレゼンを行いました。このイベントはドイツのベルリンで開催される本戦の東北大学予選会であり、優勝者はベルリンへの道が開かれます。スーダンからの国費留学生で留学から間もないZobidahさんが、エクソソームとがん微小環境に関する挑戦をテーマに自分のデータと将来展望を熱く語ってくれました。この調子で修士課程の2年間をがんばってください。Presentation:  Breaking Walls if Tumor Microenvi...

August 17, 2018

 東北大医学部星稜オーディトリアムで開催された、細菌学会支部会総会に博士学生のTaregくん、長島研究員と田中が参加しました。東北地方の研究者が集い、最新の成果が発表されました。田中研究室からは、Taregくんと長島研究員が研究成果のプレゼンを行いました。レベルが高いね、面白いね!とお褒めの言葉をたくさんいただきました。研究会を通じて生まれた自信を胸に、研究成果を論文発表につなげましょう!

研究発表:

August 16, 2018

 東北大理学部キャンパスで開催された、CREST交流会に小鎌・西川路研究員、テクニシャンの小斎さんと田中が参加しました。福田研究室、森田研究室のスタッフや学生さんも多数参加していました。田中研究室からは、田中が研究成果のプレゼンを行いました。各チームとも短期間にすごい量の成果を出していて驚きました。研究会を通じて生まれた連帯感は今後の研究に弾みをつけることうけあい。勉強のあとの懇親会で、皆さんとじっくりお話しできたのもも収穫です。来月予定されている研究総括サイトビジットに向けて、気を引き締めていきましょう!

August 1, 2018

東北大医学部に設置された最新型Confocal 顕微鏡・CarlZeissの使用説明会が開催され、CarlZeissの方から熱心な指導を受けました。この機種は驚きの高解像度画像データが得られます。D3のTareg君、西川路研究員、M1の小竹さんが熱心に質問するなど、大盛況でした。私たちに大きなパワーを与えてくれそうです。これからの研究活動を支えてくれると思います!

July 14, 2018

京都で開催された、日本癌学会・米国癌学会合同の肺がん研究に関する国際カンファランスに博士課程学生の小林さん・島田くんと参加しました。博士学生D3の島田くんが研究成果をポスター発表しました。肺がん研究の第一人者が集まり、たくさんのエネルギーを感じました。研究成果を英語でディスカッションする機会はとても良い経験になったと思います。実験手技などに関する情報もたくさんいただくことができ、これからの研究活動に弾みがつきそうです。がんばっていきましょう!

Please reload

東北大学 医学系研究科 がん病態学分野

© 2017 Tumor Immunobiology

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey